管理薬剤師求人ナビ|条件、報酬重視の求人情報

管理薬剤師への転職

管理薬剤師ナビへのご訪問ありがとうございます。
当サイトは、管理薬剤師、薬局長などの求人情報、転職情報を紹介しています。管理薬剤師、薬局長などの経験を活かした転職やキャリアアップ、給料アップの薬剤師転職を紹介しています。

 

管理薬剤師の求人募集は、薬剤師専門求人サイトでは募集を探す事も容易です。後はあなたの希望する条件や求人条件のスキルや経験があれば問題なく探す事が出来ると思います。

 

下記の薬剤師求人サービスで管理薬剤師求人募集や管理薬剤師になる為の情報を入手してください。


管理薬剤師求人紹介が出来る薬剤師求人サービス

リクナビ薬剤師 薬剤師転職ドットコム

  

  

※リクナビ薬剤師の特徴 ※薬剤師転職ドットコムの特徴
管理薬剤師の求人、転職情報の入手ならリクルートグループの情報を活用出来るリクナビ薬剤師がおすすめです。

管理薬剤師の求人は薬剤師の求人の中でも数%しか有りません。効率よく探さなければあなたの希望する求人のに時間と労力が無駄になります。
管理薬剤師の様な特殊な求人情報はハローワークなどではほとんど入手出来ないですよね!
そこで役立つのが、リクナビ薬剤師です。求人数も豊富で非公開にしている求人も多いので登録後すぐに希望の求人が見つかる事も珍しくないですよ!

認知度、信頼度が高く成功実績も豊富
リクルートグループの豊富な情報が無料で利用
毎日新着求人、紹介求人数も35000件
知名度の高い薬剤師求人サイトを利用して良い結果が出なかった人におすすめなのが薬剤師転職ドットコム!大手の薬剤師求人サイト[マイナビ薬剤師・薬キャリ・リクナビ]などと同等の紹介求人数ですが登録者数は少し少な目ですので、満足出来るサポートを受ける事が出来ます。管理薬剤師経験者の転職も管理薬剤師を目指されている方の転職も紹介可能です。

また、高待遇の求人や高年収求人は非公開求人がほとんどですので登録後すぐに希望求人が見つかる確率が高いですよ!

コンサルトのサポート力で理想の職場探し
非公開求人で好条件、高待遇求人を確保
管理薬剤師求人紹介でも実績あり

管理薬剤師になるには

管理薬剤師になる為の資格などは有りません。薬剤師資格さえあれば誰にでもなれると言っても過言では有りませんが、企業や会社でも同じように管理職に全員が慣れる訳ではないですよね!

 

管理薬剤師も同じように管理者としての能力は必要になりますが、職場の大きさや働く人員などの数、扱う薬品などによっても経験やスキル、キャリアなども違ってきます。

 

管理薬剤師は、職種、職場などによってもその役割や仕事内容なども違って来るため、管理薬剤師になる為に必要な事はこれです。と言う事は有りません。

 

また、同じ職場で長く働く事で管理薬剤師を任せられる事も少なくありません。管理薬剤師を目指いしているのなら、最初からそれに向けて知識を付けていけば、管理薬剤師として働く事も出来ると思います。

 

管理薬剤師の魅力は、給料、報酬面だと思います。給料アップをお感がの薬剤師さんなら管理薬剤師として働く事を考えるのではないでしょうか?
管理薬剤師の平均年収は、平均的な薬剤師さんの平均年収が約500万円に対して管理薬剤師は、約600万円だと言われています。
大手の薬局やドラッグストアの店長や薬局長などを兼務する管理薬剤師さんなんら700万円以上の方もたくさん居ますよね!
この様に、管理薬剤師は、給料、年収面で魅力の役職だと言えます。


調剤薬局の管理薬剤師になる為に

管理薬剤師として働く職場は、企業(製薬会社など)や病院、ドラッグストア、調剤薬局などがあります。

 

その中でも調剤薬局や薬局は比較的、管理薬剤師になりやすい職場だと思います。薬事法で、調剤薬局には1人の管理薬剤師を置く事が定められています。
調剤薬局の件数からすると、管理薬剤師の数は、病院や企業などの薬剤師の職場に比べて多いですよね!その為、管理薬剤師を目指す方も管理薬剤師として転職をお考えの方も調剤薬局の管理薬剤師は比較的、採用されやすくなりやすい職場だと言えます。

 

調剤薬局の管理薬剤師の仕事は、調剤業務の管理、医薬品の管理、服薬指導や他の薬剤師さんの管理などです。
調剤薬局や薬局などの場合、薬局長と管理薬剤師を兼務する事が多く、実質その店舗の責任者になる事がほとんどです。責任を負う仕事を嫌う人も多く管理薬剤師や薬局長などで働く事を嫌がる人も少なからず居ますので、職場によっては管理薬剤師になりやすいケースもあります。

 

調剤薬局の管理薬剤師の経験者で、転職をお考えの方なら管理薬剤師を募集している薬局を探す事が必要になります。管理薬剤師の経験はなく、これから管理薬剤師を目指す方も管理薬剤師になれる職場で働く事が必要になります。

 

この様な情報は、普通の求人情報では入手は困難ですね!ではどうすれば良いのか?
薬剤師専門の転職サービスの専任コンサルトさんに相談する事で情報収集や上記のような求人紹介も可能になります。
まずは、コンサルトさんにあなたの希望を相談する事で、あなたの知らない貴重な情報なども出てくることがあります。特に管理薬剤師の様な特殊なケースは出来るだけ多くの情報を入手する事が重要になります。


ドラッグストアの管理薬剤師

ドラッグストアにも管理薬剤師は働いています。ドラッグストアは最近は大手チェーン店が各地に出店していますよね!
ドラッグストアも調剤薬局同様に各店舗、管理薬剤師を置く事を薬事法で定められています。

 

では、ドラッグストアの管理薬剤師の仕事内容は
ドラッグストアは店舗の大きさや個人営業、会社組織によっても管理薬剤師の役割は変わってくる事も多いのですが、基本は調剤薬局の管理薬剤師同様、調剤施設併用の場合、調剤業務の管理、医薬品の管理、他の薬剤師や従業員の指導などが上げられます。
また、ドラッグストアの場合、OTCなどの管理なども多く店舗によっては従業員が多い場合などもあり、仕事内容は多岐にわたります。しかも店長と管理薬剤師の兼務の場合、店舗の責任を一手に背負う事もなります。
ですが、給料面では調剤薬局の管理薬剤師よりも平均年収的には多く、年収700万円以上のドラッグストアの管理薬剤師もたくさん居ますよ!

 

ドラッグストアの管理薬剤師の求人、転職情報も調剤薬局の管理薬剤師同様、薬剤師専門の転職サービスの転職エージェントや専任コンサルトさんに相談しましょう!

管理薬剤師のスキル、条件

現場において、調剤業務だけでなく人事の管理まで任される立場が管理薬剤師です。
この仕事は大型ドラッグストアの台頭により、個人経営の薬局が多かった時代よりもその需要が多くなっています。そこでは調剤の仕事だけでなく、職場の人間関係をまとめあげるコミュニケーションスキルが必要とされる事も多いようです。

 

ドラッグストアにおいては薬剤師としてのスキル、店舗経営者の視点、人材育成能力が必須の条件と言えます。調剤に専念したいという人には不本意に思えるかもしれませんが、管理職へのキャリアパスとしては必要な勉強になるのではないでしょうか。

 

また、製薬会社でも管理薬剤師は活躍します。こちらでも人材の管理育成は必要なスキルですが、加えて病院に新薬のアピールをする営業的な役割も担っています。そのためにはモニターから得られるデータを分析する能力と、病院側に説明するのに十分な知識が必要とされます。

 

管理職とも言えるポジションだけに、役割は指導、監督、育成と豊富であり、実務経験が三年と一般的に言われていますが、職場によっては必要に応じて昇格させる事もあります。

 

企業がこの仕事に求めるものは、時としてホスピタリティであったり、業界の動向を常に見るマインドであったりと様々です。職能の範囲を限定しない幅広い活躍を期待されているとも考えられます。
今後は看護師やケアマネージャーと言った他の職種との連携も広がる事が予想される事から、より広範囲でのキャリアプランが考えられる職業と言えます。

管理薬剤師の資格、役割

管理薬剤師になるには、薬剤師の資格を持っていることが最低条件だと言えます。資格さえ持っていれば誰でもなれるというのは事実ですが、実際には多くの知識や能力が必要とされます。

 

例えば、薬事法や薬剤師法といった法律に関する知識や、処方箋などの調剤を行なう薬局で働くのであれば、医療事務やレセプト、医療保険といった知識なども必要となります。

 

管理薬剤師は重要な役割を果たすことが多いので、雇う際にも3年以上の経験が求められることもあります。そのため、薬剤師の資格があれば必ずしも誰でもなれるというわけでも無いのです。

 

管理薬剤師は、ドラッグストアなどで勤務していることが多いですが、こういった店舗のオーナーが薬の知識を持っているというわけではありません。そのため、薬を扱うための知識などを助言することも仕事のひとつとなってきます。

 

ほかにも、店で扱っている薬の管理や帳簿のチェック、保管期間などといった品質の管理、お客さんの相談に答えることも業務となります。また、薬局の店舗で働くほかの薬剤師やスタッフのシフトの作成といった管理をする必要もあります。
こういった点から、管理薬剤師は薬の知識だけではなく、店舗におけるスタッフ同士のコミュニケーションや患者さんへのカウンセリングなどといった能力も必要となるのです。
これらの能力を養うためには、実際に店舗で働いたりといった経験や実績が重要となってくることもあると言えます。


管理薬剤師求人 対象地域

北海道/青森県/岩手県/宮城県/秋田県/山形県/福島県/茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/静岡県/山梨県/新潟県/富山県/石川県/福井県/長野県/岐阜県/愛知県/三重県/奈良県/和歌山県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/鳥取県/島根県/岡山県/広島県/山口県/徳島県/香川県/愛媛県/高知県/福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/鹿児島県/沖縄県/